なぜ調剤薬局を買いたいのか

調剤薬局のM&Aで購入側の理由は下記ような場合があります。

・上場企業のため、毎年売上と利益を継続して上昇しつづける必要があり、M&Aで購入することにより短期間で達成できる。

・同業で複数店舗を運営しており、薬剤師の応援をすることができる、また規模が大きくなることにより卸の仕入れ値をさげることができ薬価差が見込まれる。

・新規事業として調剤薬局の経営をしたい。

・店舗を増やすことにより、自社の幹部にグループ長など役職を与えたい。

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

売れる調剤薬局とは

Q:調剤薬局のM&Aで売れる調剤薬局はどのようなものでしょうか?

A:調剤薬局の場合、会社単位でなくても一店舗からでも譲渡の対象となります。会社単位であれば、私的な取引をやめて、会社に利益が残るようにします。一店舗の場合には、処方箋枚数や売上が一定以上であり、病院との立地が良ければ売りやすくなります。

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

どのような調剤薬局M&A仲介会社に依頼すべきか

Q:当社は調剤薬局を経営しておりますが、店舗の一部をM&Aにより譲渡することを検討しております。M&A仲介会社が多々あるなかでどのようなことに注意するべきでしょうか?

A:ノンネームシートについても事前にどこに提出すべきか売り手企業の許可をとる情報管理が徹底している仲介会社に依頼すべきです。ノンネームシートとは言え、推察で企業名がわかってしまうこともあり、ノンネームシートをばらまく仲介会社により情報が洩れてしまうリスクが生じます。

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

調剤薬局のM&Aについて従業員や取引先に相談すべきか

Q:調剤薬局のM&Aについて、事前に従業員や取引先に相談すべきでしょうか?

A:相談すべきではありません。従業員にとっては雇用不安になり、動揺し業務に支障をきたす場合があります。取引先は信用不安になる可能性があります。ただM&Aで店舗を購入する場合には、その後の運営のこともあり、必要最小限の人数で協議すべきです。

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

調剤薬局M&A後の雇用はどのようになるのか

Q:調剤薬局のM&A後に従業員はどのようになるのが一般的ですか?

A:一般的には、従業員の雇用維持や不利益変更はしないという契約を交わすのが一般的です。ただ経営陣が変更されることで退職される方もいらっしゃいます。

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

調剤薬局が店舗を売却する理由

調剤薬局が店舗や会社を売却する理由は下記のようなものがあります。

・後継者がいない

・採算がとれない、業績不安

・創業者が株式を売却して引退したい

・他の事業を経営しており、そちらに集中したい

・有力な上場企業に売却することにより、会社や従業員を幸せにしたい

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

調剤薬局のM&Aの譲渡価格の目安

Q:調剤薬局を購入するときの価格の目安はありますか?

A:

調剤薬局のM&Aの譲渡価格の目安は、時価純資産 + 3年から5年の営業CF

といわれております。時価純資産は、BSを帳簿価格でなく時価で査定し、3年から5年の営業CFは、株式譲渡後にかからない費用(役員報酬や社長の個人費用など)を調整して計算します。

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

調剤薬局のM&Aは売り手と買い手どちらが多いのか

Q:調剤薬局のM&Aは売り手と買い手どちらが多いのですか?

A:一定規模以上の調剤薬局であれば、買い手の方が多いです。ただ調剤薬局でも売り上げ規模が低かったり、原価率が悪く赤字体質でれば、売却できないときもあります。

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

調剤薬局の医療機器で中小企業経営強化税制の適用を受けることができるか

Q:私は調剤薬局を経営しておりますが、医療機器を購入するときに中小企業経営強化税制の適用を受けることができますか?

A:現時点では受けることができません。医療保険業を行う事業者が取得等する医療機器(器具備品)は対象外とされております。また現時点で税務当局は医療機器が機械装置に該当するものがないとのことです。

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

平成30年度診療報酬改定の詳細

平成30年度の診療報酬の改定が決定されました。

下記厚生労働省HPにて確認することができます。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000188411.html

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。