調剤薬局と消費税簡易課税制度の届出時期の特例

消費税簡易課税制度というのは、課税売上に%をかけて消費税を計算する方法です。

通常、事業年度開始の日の前日までに簡易課税の届出を提出することにより、選択することができます。

消費税増税により、基準期間における課税売上高が5000万円以下である中小事業者は、特例により2019年10月1日から2020年9月30日までの日の属する課税期間において届出を提出した場合には、その提出をした課税期間から簡易課税制度を適用することができます。

調剤薬局は、簡易課税制度を選択しないようが有利な場合がありますので、事前にシュミレーションをしてどちらが有利になるか検討することをお勧めします。

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

 調剤薬局と消費税軽減税率まとめ

質問が多いため、調剤薬局と消費税軽減税率を下記にまとめてみました。考え方をまとめると下記になります。

医薬品、医薬部外品 → 消費税軽減税率対象外

食品          → 消費税軽減税率対象

*飲食設備があれば、消費税軽減税率対象外だが調剤薬局の待合所の椅子などは法律で求められているため、消費税法上の飲食設備に該当しない。

*患者様へ処方される薬について、消費税非課税。

*OTC医薬品は、10%。消費税軽減税率対象外。

*調剤薬局で販売される医薬部外品は、食品とならないため、10%。消費税軽減税率対象外。

*調剤薬局で販売される栄養ドリンクなど、医薬品や医薬部外品に該当するのであれば、軽減税率の適用はなく10%。医薬品や医薬部外品に該当しないのであれば、食品となり軽減税率の適用を受け8%。

*調剤薬局で販売される、トクホ(特定保健用食品)や栄養機能食品は、医薬品等に該当しなければ消費税軽減税率対象8%。

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

調剤薬局が商業・サービス業・農林水産業活性化税制の数値目標は必ず達成する必要があるか

Q:当社は調剤薬局を経営しております。設備投資をしたため、商業・サービス業・農林水産業活性化税制を受けようと思いますが、ここに記載する2%以上の売上又は営業利益の数値目標は必ず達成しなければ、税額控除を受けられないのでしょうか?

A:税務上は、数値目標は必ず達成しなければならないとはなっておりません。書類の作成時に経営革新等支援機関に数値目標達成の見込みがあると確認をとる必要があります。

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

調剤薬局が過去の税務申告書控えを紛失したとき

Q:当社は調剤薬局を経営しております。過去の税務申告書を紛失してしまいました。どのような対策がありますか?

A:税務署へ行けば過去の税務申告書を閲覧することができます。2019年9月1日以後は写真撮影が認められるようになり、費用も無料です。

 

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

現行税率消費税8%と軽減税率8%の違い

Q:当社は調剤薬局を経営しております。リース契約などで消費税増税後も現行税率8%のものがあります。消費税の集計をする際に軽減税率8%と一緒に集計することはできますか?

A:消費税と地方消費税の内訳が違うことから別に集計する必要があります。現行消費税率8%は、消費税6.3%と地方消費税1.7%になりますが、増税後の軽減税率8%は、消費税6.24%と地方消費税1.76%になります。

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

 

調剤薬局の消費税増税にともなう総額表示義務

Q:当社は調剤薬局を経営しており、OTC医薬品なども販売しております。以前に消費税が増税したときのように総額表示義務があるのでしょうか?

A:前回と同じように総額表示義務の特例があり、誤認防止措置を講じていれば、税抜価格のみの表示などを行うことができます。

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

 

調剤薬局の税務調査で準備する書類

Q:当社は調剤薬局を経営しております。先日、税務署から電話があり、税務調査に入る旨連絡を受けました。どのような書類を準備すべきでしょうか?

A:一般的に下記のものを準備します。

会社パンフレット、組織図、稟議書、議事録、税務申告書、総勘定元帳、元帳作成のための証憑書類、賃金台帳、扶養控除申告書、消費税計算書、在庫計算根拠資料、売上根拠(レジロール、レセコン情報)

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

過去90日間で最も多く見られた投稿ページ

過去90日間で最も多く見られた投稿ページは下記になります。

日本標準産業分類と調剤薬局

調剤薬局と節税保険

Q:当社は調剤薬局を経営しております。今期、利益が増加しようなため、節税保険を検討しておりますが、改正があったと伺っております。どのような点が改正されましたか?

 

A:令和元年7月8日以後の契約から、最高解約返戻率が50%超の定期保険等については、保険料の一部を資産計上することが原則となります。

解約返戻金のない短期払の定期保険等は令和元年10月8日以後の契約から改正され、年間支払保険料30万円超の短期払のがん保険等については、全額損金ができなくなりました。

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

調剤薬局が外国人を雇用するとき

Q:当社は調剤薬局を経営しております。人材不足により外国人を雇用することを検討しております。日本人を雇用するときと異なり、どのような点に注意すればいいでしょうか?

 

A:まず採用するときに就労可能な在留資格を持っているかの確認が必要となります。もし違法就労となると会社側も罰せられます。学生アルバイトについては、就労させられる時間が日本人より少なく週28時間までとなっております。税務や社会保険の取り扱いは基本的に日本人と同じです。

 

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。