OTCは消費税軽減税率の対象となるか

Q:来年10月で消費税増税となり、軽減税率が施行されるとのことですが、調剤薬局でのOTCは軽減税率の対象となりますか?

A:調剤薬局での医薬品やOTCは消費税の軽減税率になりません。軽減税率対象は食品表示法に規定する食品が対象となっており、薬局の医薬品等は対象外となります。

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

オンライン服薬指導

スマホなどで薬剤師が離れた患者様に薬の飲み方などを説明するオンライン服薬指導が現在は国家戦略特区のみが認められておりますが、来年の法改正により全国で可能になるとのことです。

調剤薬局にとって新たなビジネスチャンスになりそうです。

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

調剤薬局M&Aのインセンティブ

Q:調剤薬局をM&Aにより取得するときのインセンティブはどのようなものがありますか?

A:M&A買い手担当者のインセンティブについて、調剤薬局の場合、その立地や病院の調査により、取得することにより、どの程度採算がとれるかは、シュミレーションができてしまいます。このため、なるだけ多くの案件を上司にあげたがる傾向にあります。薬局は売り手市場のため、早急に話をまとめたがります。ビジネスであるため、なるだけ安く、独占的に買いたがります。

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

調剤薬局M&Aによるシナジー効果

Q:調剤薬局をM&Aにより取得したときのシナジー効果はどのようなものがありますか?

A:上場企業であれば、売上及び利益を短期間で上昇させることができます。規模の経済により卸の仕入コストを下げることができます。グループ店舗が近ければ、人材応援により人件費を下げることができます。財務経理を統一することにより間接コストを下げることもできます。社員の意識改革になることもあります。

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

調剤薬局を購入するときの注意点

調剤薬局を購入するときには最低限下記の事項を把握する必要があります。

・店舗の譲渡か株式の譲渡か

・業績の推移

・譲渡理由

・薬局の特徴

・譲渡希望価額

・従業員(特に薬剤師)の雇用

・店舗所在地、店舗詳細

・処方箋枚数

・応需科目

・門前医療機関

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

 

 

なぜ調剤薬局を買いたいのか

調剤薬局のM&Aで購入側の理由は下記ような場合があります。

・上場企業のため、毎年売上と利益を継続して上昇しつづける必要があり、M&Aで購入することにより短期間で達成できる。

・同業で複数店舗を運営しており、薬剤師の応援をすることができる、また規模が大きくなることにより卸の仕入れ値をさげることができ薬価差が見込まれる。

・新規事業として調剤薬局の経営をしたい。

・店舗を増やすことにより、自社の幹部にグループ長など役職を与えたい。

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

売れる調剤薬局とは

Q:調剤薬局のM&Aで売れる調剤薬局はどのようなものでしょうか?

A:調剤薬局の場合、会社単位でなくても一店舗からでも譲渡の対象となります。会社単位であれば、私的な取引をやめて、会社に利益が残るようにします。一店舗の場合には、処方箋枚数や売上が一定以上であり、病院との立地が良ければ売りやすくなります。

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

どのような調剤薬局M&A仲介会社に依頼すべきか

Q:当社は調剤薬局を経営しておりますが、店舗の一部をM&Aにより譲渡することを検討しております。M&A仲介会社が多々あるなかでどのようなことに注意するべきでしょうか?

A:ノンネームシートについても事前にどこに提出すべきか売り手企業の許可をとる情報管理が徹底している仲介会社に依頼すべきです。ノンネームシートとは言え、推察で企業名がわかってしまうこともあり、ノンネームシートをばらまく仲介会社により情報が洩れてしまうリスクが生じます。

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

調剤薬局のM&Aについて従業員や取引先に相談すべきか

Q:調剤薬局のM&Aについて、事前に従業員や取引先に相談すべきでしょうか?

A:相談すべきではありません。従業員にとっては雇用不安になり、動揺し業務に支障をきたす場合があります。取引先は信用不安になる可能性があります。ただM&Aで店舗を購入する場合には、その後の運営のこともあり、必要最小限の人数で協議すべきです。

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。

調剤薬局M&A後の雇用はどのようになるのか

Q:調剤薬局のM&A後に従業員はどのようになるのが一般的ですか?

A:一般的には、従業員の雇用維持や不利益変更はしないという契約を交わすのが一般的です。ただ経営陣が変更されることで退職される方もいらっしゃいます。

調剤薬局専門の税理士へのお問い合わせ 調剤薬局税務 調剤薬局税務調査対応 調剤薬局のM&A

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
OKでしたらチェックして送信ボタンをクリックして下さい。