外国子会社合算税制に適用される条件

Q:外国子会社合算税制に適用される条件は何ですか?

A:その外国子会社がペーパーカンパニーである、又は事実上のキャッシュ・ボックスである、又はブラックリスト国に所在している、いずれかに該当し、租税負担割合が30%未満であると、外国子会社合算税制に適用されます。

国際税務のお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください