多国籍グループの最終親会社が日本にある場合の文書作成義務

Q:多国籍グループの最終親会社が日本にある場合に文書作成義務があるということですが、どのようなものでしょうか?

A:国別報告書、マスターファーイル、ローカルファイル等の作成義務があります。ただし連結総収入金額1000億円未満であればマスターファイルは免除されます。

国際税務のお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください