トリガー税率の廃止

平成29年改正税法により、外国子会社合算税制による、外国法人の判定に係るトリガー税率が廃止となりました。ただし、会社単位の合算課税制度により20%以上のトリガー税率が設けられました。また一定所得の部分合算課税制度についても20%以上のトリガー税率が設けられました。

国際税務のお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください