海外出向時のセキュリティーコスト

Q:当社の海外子会社に社員を出向させるのですが、海外現地にて治安が悪いため、常時武装したガードマン付きのハイヤーで送迎しております。子会社の現地社員にはこのような対応をしていないため、親法人である当社が負担しておりますが、このようなセキュリティコストを当社の損金に計上することができますか?

A:社員の安全を守るための費用であり、合理的な理由があることから損金計上が認められると考えます。

国際税務のお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください