外国法人が親会社であるときの親法人の資本金の判定

Q:当社は外国法人子会社であり100%の株式を外国法人保有しております。親法人の資本金が5億円以上だと中小企業特例が使えないとのことですが、この5億円とはいつの時点で判断し、為替レートはどのようになりますか?  

 

A: 子会社の事業年度終了の日で判断します。為替レートはいわゆるTTM(電信売買相場の仲値)となります。  

 

国際税務のお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください