海外子会社を所有した場合 注意すべき点

Q:当社は日本企業ですが、M&Aにより海外子会社を取得しました。税務上、海外子会社がある場合にどのような点に注意すべきでしょうか?

A:下記の点が一般的な注意事項になります。

・海外子会社と製品の取引を行う場合に、移転価格税制を対応する必要があります。

・海外子会社と無形固定資産を使用させる場合にも、移転価格税制を対応する必要があります。

・海外子会社から経営管理料を得る場合にも、移転価格税制を対応する必要があります。

・海外子会社と共同でおこなう事業について、費用分担の対応をする必要があります。

・通常の税務申告とは別に、必要があればマスターファイル、ローカルファイルの文書化義務について対応する必要があります。

・出向などの人件費について課税や分担を考慮する必要があります。

・海外子会社から配当を得れば、外国子会社配当金不算入制度を検討する必要があります。

国際税務のお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください