令和元年国際税務改正まとめ

令和元年改正税法により国際税務に関するものをまとめてみました。

1過大支払利子税制の改正 対象となる純支払利子等の額、対象支払利子等の額、調整所得金額、損金不算入額、適用免除基準及び超過利子額の損金算入に改正がありました。

2移転価格税制の改正 DCF法が算定方法として追加、特定無形資産国外関連取引に係る価格調整措置の創設、無形固定資産の定義を確定、移転価格税制にかかる更生期間制限を7年へ延長、差異調整方式の見直し、推定課税制度の見直し、関連制度の見直しがありました。

3ペーパーカンパニー等の合算制度において改正がありました。

4コーポレート・インバージョン対策合算税制に改正がありました。

5東京オリンピック等に参加をする非居住者及び外国法人の特例に改正がありました。

6国際税務組織再編成税制について改正がありました。

国際税務のお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください